宮崎県の美容外科・形成外科 みやざき美容クリニック

ベビーコラーゲン注射

ベビーコラーゲン

ベビーコラーゲンとは?

コラーゲンⅠ型・Ⅲ型を気になるしわ部分に注入し、改善する治療法です。肌なじみがとても良いので皮膚の薄い部分への注入に適しています。
年齢とともに減少するコラーゲンを補充することで、若々しいお肌を保つことができます。
ベビーコラーゲン ヒューマラジェン

ベビーコラーゲンの特徴

  • 皮膚の薄い目の周りや口の周りの注入に適している
  • ヒト胎盤由来のコラーゲン注入剤なのでアレルギーテストが不要

こんな方におすすめです

  • 目の周りの小じわが気になる
  • 目の下のクマが気になる
  • 口周りの細かいしわが気になる
  • 自然な仕上がりで若返りたい

お肌に必要なコラーゲンとは?

当院ではヒューマラジェンという種類のベビーコラーゲンを使用しています。
これまでのコラーゲン注射はⅠ型:Ⅲ型=95:5で動物由来が主流でした。ベビーコラーゲン(ヒューマラジェン)は世界で初めてⅠ型コラーゲンとⅢ型コラーゲンを50:50で配合された唯一のヒト胎盤由来のコラーゲン注入剤です。

コラーゲンは、身体を構成するタンパク質の一種で、全タンパク質の量の1/3を占めています。現在わかっているもので約30種類のコラーゲンタンパク質があり、Ⅰ型、Ⅱ型、Ⅲ型、Ⅳ型、Ⅴ型というように分類されています。

お肌の約70%はコラーゲンから構成されており、種類はⅠ型とⅢ型の2種類です。
Ⅰ型コラーゲンは、肌のハリを保ったり、骨がもろくなることを防いだり、筋肉や腱をしっかりと丈夫にするため欠かせない成分として活躍しており、一般的にコラーゲンといえばこのⅠ型を指しています。

Ⅲ型コラーゲンは、Ⅰ型コラーゲンをサポートする役割を果たします。特に肌のアンチエイジングの効果が最も大きく、赤ちゃんの肌のような瑞々しさと、弾力を保ち、ハリのある健康的な肌に導くコラーゲンのため、ベビーコラーゲンとも呼ばれています。
Ⅲ型コラーゲンは赤ちゃんの時にはたっぷり満たされていますが、25歳前後で減少の一途をたどることになります。

加齢によるコラーゲンの減少

ベビーコラーゲンとヒアルロン酸の違い

ベビーコラーゲンは形を形成するには不向きですが、自然な馴染みを生み出すため、今までヒアルロン酸では消すことが出来なかった細かいシワを消すことが出来ます。

ベビーコラーゲンとヒアルロン酸の比較

  ベビーコラーゲン ヒアルロン酸
シワ治療
持ち上げ力
造形
持続力
組織再生能力

近年、Ⅲ型コラーゲンの持つ再生能力が注目され始め、特に創傷治癒の初期段階において増殖し、やがてⅠ型コラーゲンに置き換わることで治癒が進むことがわかっています。
言い換えれば、キズ修復による組織再生において重要な働きをします。

ベビーコラーゲンの治療方法

施術時間:約5~10分

  1. カウンセリングで治療部位の状態をチェックします。
  2. 注入する場所にしるしを付けます。
  3. ベビーコラーゲンを注入します。
  4. 治療修了です。

院長からワンポイントアドバイス

院長

肌なじみがとても良いので、皮膚の薄い部分の治療が可能です。目の周りの細かいしわや、目の下のクマでお悩みの方におすすめです。

ベビーコラーゲンの注意事項

シャワー 当日から可能です。
入浴 当日から可能です。
お化粧 当日から可能です。
腫れ・ムクミ ありません。
術後の痛み ありません。 
洗顔  当日から可能です。
術後の特別なケア  不要
術後の注意点  特にありません。

ベビーコラーゲンの費用

※価格は全て税別価格となります。

ベビーコラーゲン 1cc 120,000円
無料E-mail相談
無料カウンセリング予約

診療メニュー

PAGETOP
Copyright © みやざき美容クリニック All Rights Reserved.