宮崎県の美容外科・形成外科 みやざき美容クリニック

乳輪縮小術

乳輪縮小術

乳輪縮小術とは?

乳輪縮小術とは、大きな乳輪を小さくする治療です。治療方法は2種類あり、どちらも手術ではありますが、乳輪の余分な部分の内側の輪郭と、乳輪の外側の輪郭を円状に切開して余分な部分を取り除き、縫合する方法と、乳輪の中心部と余分な乳輪の内側を円状に切開して取り除く方法があります。乳腺などは触らないため、授乳にも全く影響がなく、髪の毛より細い糸で縫合するので傷がほとんど分かりません。

こんな方にオススメです

  • 授乳後、乳輪が大きくなってしまった
  • 大きな乳輪が原因で異性に対して消極的になっている
  • 乳輪が大きいため、バストとのバランスが悪い

治療方法の違い

外側切開=乳輪が極端に大きい方

乳輪の外側を取り除く場合、傷跡が目立つというデメリットや、乳輪とバストの境目の自然なグラデーションが失われるというデメリットがあります。そのため、みやざき美容クリニックでは基本的には乳輪の中心部を取り除く治療方法を推奨していますが、乳輪が極端に大きい場合は乳輪の外側を取り除きます。目安としては、乳輪が6cm以上の方は適用となります。

内側切開=乳輪の大きさが4cm以上6cm未満の方

乳輪の内側を切開する場合は、バストと乳輪とのつなぎ目の自然なグラデーションをそのままの状態で、乳輪を理想通りの大きさに改善することが可能です。また、傷跡も乳頭に隠れるためほとんど目立つことがなく、非常に高い効果を発揮します。適応の目安としては、乳輪の大きさが6cm未満4cm以上の方が当てはまります。

乳輪縮小術の治療方法

  1. カウンセリングでバストの状態や、乳輪の状態を確認し、サイズを決めます。
  2. 治療方法を決め、局所麻酔を行います。
  3. 治療方法にあわせて切開をし、余分な部分を取り除きます。
  4. 縫合し、終了です。

院長からワンポイントアドバイス

院長

乳輪縮小は、ある意味貧乳よりも大きなコンプレックスだと思います。また幾ら医師とはいえ男性に胸を見せてコンプレックスである大きな乳輪を相談するのは、とっても辛いことです。
当院は、院長が女性です。恐らく男性医師よりは相談しやすいと思いますので、ぜひ当院にご相談ください。

乳輪縮小術の注意事項

シャワー 乳輪部分は3日間はぬらさない。
入浴 7日後から可能です。
お化粧 当日から可能です。
腫れ・ムクミ 3日程度
※ただし若干の個人差はあります。
術後の痛み 1~2日程度
※ただし若干の個人差はあります。
洗顔 当日から可能です。
術後の特別なケア 不要
術後の注意点 特にありません。
抜糸 2週間後に抜糸のため来院していただく必要があります。

乳輪縮小術の費用

※価格は全て税別価格となります。

乳輪縮小 300,000円
無料E-mail相談
無料カウンセリング予約

診療メニュー

PAGETOP
Copyright © みやざき美容クリニック All Rights Reserved.