皮膚科と美容皮膚科~治療範囲や目的の違いについてご紹介します。

宮崎でオススメの美容クリニック情報サイト-ヘッダー画像

美容皮膚科と皮膚科の違い

美容皮膚科と皮膚科で迷う女性のイメージ画像

 

近年「肌をキレイに保つため」「肌トラブルを防ぐため」という目的で、美容皮膚科に通っている方も少なくありません。

 

街中でもよく見かけるようになった美容皮膚科ですが、一般的な皮膚科と何が違うのでしょうか?
こちらでは、美容皮膚科と皮膚科の違いについて解説しています。

 

方針の違い

一般的に皮膚科は、“皮膚の病気を治すこと”を目的としています。
一方で、美容皮膚科は“肌をより美しくすること”を目指しています。

 

より理解するために、ニキビ治療の場合で比較してみましょう。

皮膚科 塗り薬・飲み薬などでニキビの炎症を抑えて、保険の範囲内で完治させていきます。
美容皮膚科 ニキビの炎症を抑えるとともに、ニキビ跡・色素沈着の治療や体質改善の指導も行います。

 

治療範囲の違い

皮膚科 水虫、湿疹、アトピーなど

皮膚に異常が認められた場合に治療を行う医療機関。
基本的に「美肌になりたい」などの美容目的で利用することはできません。

美容皮膚科 シミ、シワ、たるみ、脱毛など

“美”を目的とした医療機関。
ニキビ治療などはもちろん、皮膚病ではない肌トラブルにも幅広く対応しています。

 

料金の違い

皮膚科 基本的に保険の範囲内で治療を行っていくため、自己負担額は治療費の約3割ほど。
美容皮膚科 美容目的の治療は、多くの施術が自己負担となってしまいます。

 

また、治療費の他にカウンセリング料が発生するケースも。
無料カウンセリングを行っているところもあるため、事前に確認しておくことをおすすめします。

 

 

美肌目的なら美容皮膚科がおすすめ

両手でOKしている女性

 

シミやシワなどはもちろん、毛穴の開きや黒ずみ、色ムラなどの幅広い悩みと向き合ってくれる美容皮膚科。
皮膚科では治療対象にならない肌トラブルも対応できる、ということが最大の強みです。
一般的な治療法である注射・薬剤塗布に加え、マシンを取り入れた治療を受けられるのも魅力の一つ。
肌トラブルを改善するためのアプローチ法が多いため、「自分にあった治療法を選べる」という点も女性にとって嬉しいポイントですよね!

 

 

まとめ

肌の悩みやトラブルは「一般皮膚科に行くもの」と思われていましたが、近年では美容皮膚科を選ぶ方が増えてきています。

 

症状によっては美容皮膚科を受診したほうが早く改善できるものもあるため、自分が悩んでいるポイントを理解した上で、どちらを受診するべきか決めると良いでしょう。

 

エステとクリニックの違いはこちら